日勤常勤看護師 - 好条件の求人を見逃さない秘訣とは?

日勤常勤看護師 → 日勤常勤看護師の最新転職事情について

日勤常勤看護師の最新転職事情について

看護師は、肉体的にも精神的にきつい仕事です。仕事が辛いと感じることも多いのではないでしょうか。辛い思いをして頑張っているのだからこそ、待遇面では少しでも条件の良い病院に勤めたいと考えるのは当然のことだと思います。
公益社団法人 大阪府看護協会

現に、看護師の約8割は転職経験者だと言われています。看護師の転職率は、一般の会社員と比較するとかなり高くなっています。とはいえ、転職を思い立ってからでは、転職に関しての情報不足のため、効率の良い転職活動ができないことでしょう。最新の求人情報は常に気にかけておくことも大切です。

看護師は大変需要の多い職業です。常時、人手が不足状態の医療現場では、優秀な看護師は喉から手が出るほど欲しいと思っているはずです。その反面、看護師の転職率は非常に高く、今より良い待遇の所で働きたいと、厚待遇の求人を探している人が多いことも事実です。
看護師の転職サイトでお勧めのコンサルティング型

厚待遇の病院の求人広告が出されると、転職希望の看護師が集まってくるでしょう。有能な看護師からの応募があれば、すぐに決まってしまうものです。待遇の良い病院の求人ほどすぐに決まってしまいます。最新の情報を常にチェックしていないと、なかなか良い求人にはめぐり合えません。

しかし、現実問題として、日々忙しい看護師の仕事をこなしながら、求人情報に隈なく目を通すと言うのは非常に大変です。毎日そんな暇はないことでしょう。やっと条件に合う求人を見つけたら、すでに募集は終了していたなどと言うこともあるでしょう。

このように、毎日忙しく働いている看護師さんのために役立つのが、看護師のための転職支援サイトです。 最近では、看護師の転職支援サイトは数多くあります。嬉しいことに費用は一切無料で、登録から求人の紹介まですべてのサービスを行ってくれます。登録も簡単で、インターネットから行うことができます。

こう言ったサイトの求人には、個人では探すことのできない、非公開のものも含まれています。条件の合う求人はもう締め切られていたと言うような悔しい思いをしないためにも、このようなサービスを利用して、ご自分の条件にピッタリの良い職場を見つけて下さい。

看護師が転職する場合、一般職の転職と違う点

今から就職をする人・転職する人に共通している考え方があります。それは<一つの会社に長居はしないこと>と<自分に合わなければ次を探す>という考え方です。従来の終身雇用システムが古い考え方だとされました。年功序列で「ポスト」や「給料」を上げていくやり方を採用している企業は減ってきています。

バブル崩壊以降デフレスパイラルから脱却できない経済不況が続いています。新卒で正社員することが珍しくなってきて大部分は雇用期間が限定されている派遣スタイルが定着しています。従来の年功序列と違って能力があれば活躍できるというチャンスがあるのは西洋式で良い側面もあるでしょう。

パソコンをメインとしたシステム導入が職場に入りこみ、中高年以上の人は「仕事ができない」とか「仕事が追いつかない」という現実もあるのです。中高年だけではなく若年層でもパソコンは出来ても「社会経験が少ないので仕事の成果が得られない」という厳しい環境にあります。これは、どの職業にも共通して当てはまることです。

正社員雇用が経営にはマイナス要素であると考える企業も少なくないでしょう。離職するサイクルが高く早いのが現代社会です。雇用する企業サイドもどのような採用方法がベストなのかを模索しています。

看護師の転職も例外ではないですが、看護師が転職する場合、一般職の転職と違う点があります。それは看護師資格が国家資格であることです。資格があれば就職・転職に有利ですし常に医療現場では看護師不足ですから貴重な人材として位置づけられています。

看護師の求人はとても多いですが医療現場では即戦力看護師を求めています。その理由は「教えている時間がない」――ゆとりがない現場なのです。これは看護師のみならず大抵の組織で該当します。

問題は<ゆとり教育の弊害>で「現場で覚える」といった過去のハングリー精神が欠如しており「自分に合わなければ次がある」的な考えがあることです。